ペットを病気から守る予防接種

ペットを病気から守るためには、予防接種が欠かせません。ペットがかかる病気のなかには、命にかかわるものもありますし、飼い主様やご家族に感染して健康被害をもたらすものもあります。定期的に予防接種を受けて、大切なペットを病気から守ってあげましょう。アオト動物病院では、犬・猫の予防接種を行っています。

犬の予防接種

狂犬病ワクチン

狂犬病は、犬だけでなく人も死に追いやる恐ろしい病気。生後3ヶ月を過ぎたら、まず1回接種し、2年目以降は1年に1回接種します。なお、犬のワクチン接種は法律によって義務づけられています(違反した場合は20万円以下の罰金)。

混合ワクチン

死亡率が高い感染症、人間にも感染するおそれのある重大な感染症を、一度に複数予防できるワクチンです。当院では、3・5・7・8・9種の混合ワクチンをご用意し、接種の周期は基本的に1年に1回としています。ただし、犬の年齢や体調などによって適正な周期が変わります。詳しくは獣医師にご相談ください。

猫の予防接種

当院では、猫の予防接種として、様々な感染症を予防できる3・5種の混合ワクチンをご用意しております。すべて1年に1回の接種が推奨されており、子猫は生後2~3ヶ月くらいに最初の接種を行います。

フィラリア予防

フィラリア(寄生虫)は、蚊を媒介として犬・猫・フェレットなどの体内に侵入し、心臓や肺動脈に寄生します。寄生された動物は血液循環を阻害され、呼吸が苦しくなったり、肝臓や腎臓に影響が及んで衰弱死したりします。蚊の発生する時期は特にフィラリア予防に努めましょう。

当院では、従来の月1回の飲み薬の他に、1回の注射で12ヶ月間効果が持続する予防剤を使用しています。従来のフィラリア予防のように、毎月決められた日に投薬を受ける手間はかかりません。

ノミ・ダニ予防

ペットにノミやダニが寄生すると、ノミアレルギー性皮膚炎や瓜実条虫症、バベシア感染症や猫ヘモバルトネラ症などを引き起こすおそれがあります。それだけでなく、飼い主様にも皮膚炎や寄生虫症を引き起こすケースがあります。当院では、予防薬を使ったペットのノミ・ダニ対策を行っています。